通信手段はTPOで

さて、当サイトのメインタイトルが「学生ローン通信」となっているので、ここらで学生ローンの通信事情について語ってみたい。
通信手段には今さら説明するまでもないが、電話・文書・イーメールがあるわけだが、最近ではもっぱらメールが占める役割は大きくなっている。
インターネットでの申し込みもメールソフトを使わない分、あまり意識しないかもしれないが、メールフォームとプログラムを使ってメール送信で申し込みをする手段である。

また、問い合わせフォームも同じだ。
予め用意された定形の入力項目を記入し、メールフォーム機能を利用してサーバーに送信される仕組みだ。
主にCGIというプログラムが使われることが多いが、最近ではWordPressなどの場合にプラグインをインストールするだけで簡単に設置することができる。

このような昨今、メールが意外な形で使われる事が多く、学生ローンは困惑の色を隠せない。
その意外な使われ方とは、支払いの長期延滞者による多用だ。
本来、長期延滞の場合は電話による連絡を必須とする学生ローンがほとんどだと思うが、なかなか電話はしづらい状況であることは確かだ。
そこで、メールを使って一応返済の意思を伝え、それで済ませようという狙いのようだ。

●メール連絡の問題点
メール連絡は一方通行の連絡ツールである。
同時進行で話を進めなければ、いつになってもラチがあかないケースは往々にしてある。
長期延滞の場合はなおさらだ。
いつ、いくら入金するのか?住所やアルバイト先に変更はないか?
今後、どのようにして返済していくのか?
他にも個別の確認事項があるだろう。
これらをいちいちメールでやっていては、おたがいキリがない。

また、「支払日を変更してほしい」とか、「いくらまでかりれるか?」等の質問もよくあるケースだが、これらの質問も抽象的すぎて1発回答は厳しいだろう。
ひどい場合では、名前も入っていない、前後の文章がなく、はじめてメールを見た者からすれば、突然何を言っているのかわからないケースだってある。
メールで質問をする場合は、氏名・生年月日・住所等、本人確認情報を入れることは最低条件である。
そして、質問内容は的確にできるだけ短くまとめ、何回かやりとりをする可能性がある場合は、前の文章を残したまま返信することが望ましい。
この辺を理解している人が少ないので、連絡はできるだけ電話という手段をとって頂きたいのだ。

会社でメールを見る場合、一人の人間だけが見るわけではない。
大勢の社員が見るし、1日の問い合わせ件数もハンパなく、突然話の続きからメールされたところで話が通じるわけがないのだ。

●手紙による連絡の問題点
手紙による連絡は、場合によっては非常に有効な手段となる。
証拠が残る為、後日「言った言わない」のトラブルを防げるからだ。
しかし、これらは法的要素を含む内容に限られることで、通常の相談ごとなどの場合はメールよりもやっかいなものとなる。
なにしろ往復するのに何日もかかるのだから、内容によっては電話連絡の方がスムーズな場合が多い。

●結論
結論を言うと、連絡はまず電話だ。
電話で内容を伝え、必要に応じて対処するのが最も望ましい。
文書が必要と思われるケースでは、その旨指示があるだろうし、電話で済む内容ならそれで終わりだ。

学生ローンに問い合わせをする際は、安易にメールから入るのではなく、「まず電話」、これをぜひ実践してほしいものである。