借りる目的

学生ローンで借りたお金を何に使おうが借主の事由だ。
これについては全く異論もないし、学生ローンも制限を設けているわけではないのも事実である。

しかし、使い道についてはよく考えてもらいたいものだ。
パチンコなどドブに捨てるような目的で借りる事は出来る限りやめてもらいたい。
マルチ商法などのうまい話につられ、騙されてしょまったという話がよくあるが、このような目的での借り入れは絶対にしないでもらいたいのだ。
パチンコは損をするのは自分だけで済むが、マルチ商法は他人も巻き込んでしまう為、絶対に手を出さないでほしい。
友人にまで損害を与えてしまっては、元も子もない。

学生ローンで借り入れたお金は、何に使えば有意義と言えるのか?
そこをよく考えてもらいたい。
「利息の考え方」のページで説明したが、時間をお金で買うのが利息だ。
つまり、利息を払ってまで時間を買うだけの価値があるものかどうかということを、よく考えてもらいたい。
パチンコは時間を買うという定義に当てはまるだろうか?
マルチ商法はどうか?
単なる射幸心を煽るギャンブルである。
決して有意義とはいえないのは明白だ。

学生ローンでお金を借りる時に考えてほしいのが、後になって「あの時借りることができて本当に良かった」と思えるかどうかである。
間違っても「あの時借りなきゃ良かった」などと思うような借金だけはしないように心がけよう。